女の子とメールを続けるための簡単なコツ

多くの女の子にファーストメールを送った後は、、、、地道に待ち続けます。

出会い系決めるときは躊躇なく決める

そして送付しているメールの内容がちゃんとルールに従ったものであれば、待望のメール返信がきます!必ずきます。

このときは何度味わってもいいですね。

多くのライバルの中から数名にのみ与えられた、次のステップに進みましょうという称号です。
返信か来ない人はその女の子とは次には進めないのですから。

油断禁物!

しかし、これで安心してはいけません。その後メールが来なくなることだって残念ながらたくさんあります。

実は、ファーストメールの返信は、一次予選を通貨したのみで、次に待っているのは、本大会へ向かうための二次予選です。

そこで、メールを続けるためのコツを教えましょう。


1. 相手の女の子に文字数やメール頻度をあわせる

相手の女の子が長めの文章を送ってくれたら、同じような長さで返します。相手が2~3行だったら、同じく短めで返します。

長文をメールする女の子に対して短い文章で返信してしまうと、おざなりな対応をしていると感じられてしまいます。長い文章の女の子は、長い文章をもらうと嬉しいそうです。

短い文の女の子は、簡潔にやり取りするのが好きなので、こちらが長い文章で送ってしまうと、相手の女の子も長めの文章にしないといけないと思ってしまい、あなたとのメールが面倒になってしまいます。

頻度も同じく相手の女の子に合わせて、女の子の心地よい頻度でやり取りします。最初は相手の女の子がこちらからメールしてどれくらいで返信してくれるかの間隔をあわせるのがよいでしょう。

2.こちらから質問を必ずする。

女の子がメールを返信しやすくすることが、メールが続くコツになります。

こちらから毎回1個か2個質問しておくと、質問の回答をすればよいので、女の子はメールをしやすくなります。

質問がないと女の子が何か話題を考えてメールの内容を作らないといけないため、メール返信が大変です。

かといって1つのメールで何個も質問すると、それはそれで面倒になってしまうため、気をつけましょう。


3.相手の女の子を気遣い、感謝を表現する。

相手の女の子に対して、「ありがとう。楽しいよ。」という気持ちを目立つように必ず含めるようにして、特別扱いをしましょう。

女の子は、基本的に特別扱いが大好きです。

「〇〇さんのメールがくると嬉しくて仕事の疲れが吹っ飛びます。」
「いつも○○さんのメールが来るのを楽しみ待ってます。」
「メールのやりとりで、こんなに楽しいと感じられるのは〇〇さんだけだよ。」


といった、あなたのメールでわたしはとても癒されています。という感情や、

「今夜はすごく寒くなるそうなので、気をつけてね。」
「風邪引いたって言っていたけど、大丈夫?温めて寝てね。」


などの、わたしはあなたを気遣っていますよ。という感情を表現しましょう。


4.自分のことではなく女の子の好きなことを話す。

基本的に女の子はあなただけが気になっていることの話に興味ありません。

女の子は自分の興味のある話だけが好きなんです。ですので、見当違いな話をしても女の子はメールを楽しんでくれません。

その子がどういうことに興味があるのか、何が好きなのかはプロフィールに書いてあるので、じっくり読んで下さい。

そして話に食いついてくれたら、その話題を掘り下げていきましょう。


最後に。。。

相手の女の子とあなたは、いまのところネットだけしか知らないので、女の子はあなたに好印象を持っているわけではありません。

また、ネットにおいて、男と女の子は平等ではありません。

ネットでは、女の子は嫌ってほどにアプローチがもらえます。

だから女の子は毎日たくさんの人にメールの返事をしなければいけません。読むだけでも大変です。ですので、その中で自分とメールをしてくれていることを感謝して、女の子を持ち上げて、特別扱いして、そして、次の本大会のトーナメントに進めるようにがんばっていきましょう。

関連記事
Category: 素人との出会い系 実践講座
Published on: Wed,  11 2015 20:38
  • Comment: 0
  • Trackback: closed


Designed by Akira.

Copyright © 出会えない出会い系!でも確実に成果を出すセフレの作り方は? 「MGD」 All Rights Reserved.