セフレができない人が変わるための心構え

セフレを夢見ているものの結局なにも進展しない、セフレ超初心者のあなたに贈るセフレを作るために、4つの必要な心構え

セフレ顔隠し02-05

セフレ欲しいと思っているものの積極的になれない臆病なあなたがセフレを作るためには、必要な条件があるのです。

セフレをつくるための必要な条件

1.セフレを欲しいと強く思っている。

当然の話ですが、セフレが欲しいと思っていなければセフレはできません。

しかし、恥ずかしいのか、「別にセフレがいなくてもいい」という人が多くいます。

遠慮せずに「ぜひセフレが欲しい!」という強い気持ちをもってください。そうでないと行動がついてきません。


2. フラれる覚悟ができている。

どんなに完璧なイケメンでも百発百中で女の子を落とせることはありません。

イケメンではない一般的な人は、一度や二度フラれるのはむしろ当たり前の結果、

初めて自転車に乗る練習をした時に、何度も転びながら上達していったことを思い出してください。


3.多少のお金を使う準備がある。

女の子に貢ぎなさいと言うことでも、割り切りが素晴らしいと言っているわけではありません。

見た目の清潔感は必須ですので、美容室で髪をカットしてもらうとか。女の子と一緒に食事や飲みに行ったときの飲食代、出会い系サイトでLINE IDを取得するまでにかかるお金などは必要という意味です。

使ったお金の量でセフレができる確率がググっと上がる訳ではありませんが、お金を全く使わずにセフレを作ることはできません。

決して「セコい男」とだけは思われないように気をつけましょう。


4.めんどくさがらずにやる。

やっぱり、面倒だからやめておこうという誘惑に是非勝ってください。

セフレを持つことは、男(オス)としての性の欲求の勝ち組に与えられた行為です。

確かに、セフレとの人付き合いの中で最もトラブルの多い分野ですから、めんどくさいと思うのも仕方はありません。

しかしだからと言ってセフレを作るための行動を起こさずにいるのは、それはすでに他の男(オス)たちに対して自分の縄張りを放棄しているのと同じだと思ってください。

セフレを作るというのは、いわば男のステータスです。
セフレを作る前にめんどくさいと言わずに、作ってかた言って下さい。

セフレがいる状態で、「セフレって結構めんどくさいんだよねー」って友達に言っているときは、それは悩みではなく自慢です。

関連記事


「デリヘルキング」デリヘルの検索サイトだが、全国動画日記があつい!!動画が大量にあり見ているだけでも楽しめる。まぁ見るだけ収まらないかも。。。

コメント

非公開コメント