出会い系サイトで返事をもらうためのお作法

出会い系でも、いや!出会い系だからこそ返事をもらうためのお作法があります。

サンセットビーチで出会ってキス

メールの返信もらえてますか?

まず最初に出すファーストメールのお作法と一回返事をもらえたあとに出すセカンドメールのお作法を理解すると、返信をもらえる確率が大幅に向上します。


ファーストメール編

悪い例:
「こんにちは!○○です。30才です。普段は会社員やってます。よかったら話相手になってくれませんか?返事待ってます!」



実はこういったメールが多いのですが、残念ながらこの内容では返信はもらえません。

よく見かけるいたって平凡な内容なので、誰の目にも留まらないからです。目に留まらないということは、返信は一切来ないということですね。

「返事待ってます!」って人に返事は着ません。

返事がしやすい終わり方を意識しましょう。


良い例:
「△△さん、はじめまして、こんにちは。○○と言います。都内のディスカウントショップで働いています。映画のチケットとかも安いので自分でも良く利用してます。○さんはどういった映画が好きですか?
お返事だけでもいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。」



挨拶は誠実に書きましょう。初回なので、堅苦しくない程度に誠実に書くのがベストです。

今回は、映画が好きな女の子向けになりますが、女の子の興味のある内容で何かを問いかける文章にしておくと、女の子が返信しやくなります。
最後に返事してほしいということを誠実に記載しています。



セカンドメール編

悪い例:
「映画好きなんだよね。映画いこうよ!来週末とか会えないかな?△△さんの直アド教えてよ!じゃあ、返事待ってます。」



基本的には、最初のころは丁寧語を使ったほうがよいです。ある程度慣れるまでは、丁寧語が無難です。

ただし、女の子の方が敬語ではなかった場合は、徐々に言葉の使い方を崩していっても大丈夫です。

また、すぐにアドレスや電話番号を聞くのは、女の子が引いてしまうので、数回のやりとりの後に聞くがよいですね。

何処にいくか、遊びに行くか決めるのは女の子との会話の中で決めていった方がいいですね。女の子中心に会話を進めた方がいいです。会話は自分の押し付けでは、女の子に嫌われます。


良い例:
「返事ありがとうございます。△△さんは□□の映画は好きなんですね。自分も□□が好きで、DVDを何度も見て、何度も泣いています。いまだと、○○という映画がやっていて、まだ見れていないのですが気になっています。時間が合えば一緒に行きたいですね?では、お返事待ってます。」



最初にもらった返事なので、返事に対するお礼は必ず入れておきましょう。

また、次のステップとして、自分から話題を提供して話を盛りあげましょう。デートの誘いはほのめかす程度の方が良いです。
会話は自分から話題を出しつつ、答えやすい質問して、女の子から話を引き出しすことに徹しましょう。

女の子がいろいろ話してくれるようになるまでがんばりましょう。

関連記事


「デリヘルキング」デリヘルの検索サイトだが、全国動画日記があつい!!動画が大量にあり見ているだけでも楽しめる。まぁ見るだけ収まらないかも。。。

コメント

非公開コメント