ヤラず嫌いはダメですね。考え方が変わりました。

■ 投稿体験談
千葉県船橋在住 メーカー営業職 24歳女性
セフレ01

出会い系へのイメージ

昨年の11月までは、私の中で "出会い系" とはヤリことだけが目的の男女しかいないイメージで、私はよいイメージを持っていませんでした。

男の人はまだしも、女の人がなんでそこまでするんだろう?という疑問と、なんとなく怖いというイメージもありましたので、だから、出会い系などでメール等のやり取りはしても実際には会わないと心に決めていたのです。

という私も実は2年くらい前から出会いアプリには登録していましたが、無料でゲームができたり 女性同士トークも楽しめ、同性の友達もできるので暇つぶしに利用させてもらっていました。


仕事のストレスから出来心

ある時、会社で大きな失敗をしてしまったときに、上司は厳しく叱らずにやさしく慰めていただきました。

「こういう失敗をして成長していくんだよ」

と言われ、納得はしたものの、自分の力のなさと役に立っていないのだなぁという自己嫌悪から、会社に行くのがすごい
ストレスで押しつぶされそうになっていた時期がありました。

2ヶ月くらいたってと思います。
出会い系で何度かやり取りするようになっていた人がいて、気を紛らわすために、男性と会うことになったのです。

初めて、実際にあったときは、とても緊張してしまったのですは、身長が180cmくらいあり、がっちりとしたスポーツマンっぽい外見です。

私はお酒が飲めないので、彼が事前に選んでくれていたお店でイタリアンを食べまにいきました。

彼は、とても話が上手で、私の悩みを親身に聞いてくれました。


その日のうちに。。。

初対面の私の愚痴や悩みを文句も言わずに聞いてくれて、まだまだいっぱい話をしたくなっていました、

そんな私の気持ちを察した彼は、私をホテルに誘ってきました。

私は "思っていたことが読まれていたことのテレかしくと、なんか緊張してしまって"

「えー。何もしない?」

って聞いたら、彼は

「何でもいろんなことをするよ!」

って言って、キスしてきました。。。

そこからは、少し記憶も曖昧なのですが、彼とホテルに行って、愛撫がとても上手で、いっぱいイってしまいました。

彼は夜になると、とてもいい意味で意地悪で、私はいじめらっれぱなしで、濡れっぱなしです。


わたしの本性

そうです、私は、私が思っていた以上にMでした。

彼は
「仕事の失敗は多少は仕方がない。ただし、誰かに迷惑をかけている。誰かにフォローしてもらっている。それがチームワークだ。仕事は個人プレーではないので、自分で失敗して自分で落ち込んで、周りの士気を下げている今のお前は最悪だ。」

「だから今日は俺の役に立て。俺はお前を必要としている。」

って言われて、すごく感動して、今までにないくらい興奮してしまいました。

彼とは、その後もセフレとして数回会って、会うたびに仕事のストレスも解消されていきました。

結局、変態でエッチのうまい S男 だっただけの話なのですが、とても感謝しています。

(※この話はフィクションです。)
関連記事
Category: 出会い系のエッチなエッチな体験談
Published on: Sat,  25 2016 19:44
  • Comment: 0
  • Trackback: closed


Designed by Akira.

Copyright © セフレの作り方 出会い講座「MGD」 All Rights Reserved.