夜景の力で心を奪われました

■ 投稿体験談
東京都豊島区在住 営業事務 25歳女性
セフレ05


興味本位で出会い系やってみた

わたしは、いつも彼氏を探しています。

自分からは積極的になれない性格なので、いいなぁと思って何も発展しませんでした。

そんなときに、興味本位でスマホの出会い系のアプリを入れてみました。

今から思っても自分でマジメだなと思ってしまうのですが、プロフィールを丁寧に入れていました。

最初の日はプロフィールを入力するだけで疲れてしまって、寝てしまいました。


写真の趣味からデートに発展

翌朝にとてもたくさんのメッセージが届いていて、わたしはそれをひとつづつ眺めて(たぶん)ニヤけていました。

その中で厳選に厳選をして、5人の人にメッセージを返しました。

申し訳なかったのですが、その中でもやり取りが楽しかった1人に絞らせていただきました。

わたしは写真をとるのが好きなのですが、その話をきっかけに夜景を撮りに行こうとなり、デートをすることになりました。

待ち合わせはやっぱりすごく緊張してました。

なんか、メッセージもたくさんやり取りしているし、写メも見ているのに、実際にあうのは初めてというのは不思議な気分ですね。


夜景1(前菜):レストラン

イメージどおりのやさしそうは雰囲気の彼に手を引かれて、彼が予約をしてくれたレストランにいきました。

とてもおしゃれなレストランで、夜景もキレイで、お料理もすごくおいしかったです。

でも、レストランでは夜景は取れないよな。

と思っていたら、食事は終わった後に、、、別のところに連れて行かれました。

なんと着いたところは、ヘリポートです。


夜景2(メイン):ヘリコプター!?

彼が手を引いてエスコートしてくれて、ヘリコプターに乗り込みました。

ちょっと音がうるさいし、ちょっと怖いなと思っていたのも一瞬で、東京の上空にきたときは、もうーーこんなの初めてです。

ヘリコプターから東京の夜景を見下ろして、その情景が、真っ暗な中に光の線が広がっていて、心を奪われました。

あまりにもキレイで、写真をとるのを忘れるほどでした。

もうとても大興奮で、終わったときには放心状態です。


夜景3:実はこっちがメインだったか?

こんな状態のときに「せっかくの夜景だったのに写真取れなったので、次の場所で夜景をとろう」といって彼はどこかに電話をして予約をしています。

そう次の場所は、本日の最終地点、夜景の美しいホテルの一室です。

このときまで、わたしは、付き合った人としかエッチはしたことがなかったのです。

普通なら、会って初めてで付き合ってもいないのにホテルいはいきません。

しかしこの日はもうおかしくなっていました。

彼に手を引かれ、部屋に入ると、これまた大きな窓からの夜景がドーーンとなっています。


1日かけた長ーーい愛撫ってこと

彼が「写真とって、一番いいのを後でちょうだい。」っていったので、わたしはカバンからカメラを取り出し、夜景ととりました。

先ほどの上空からの夜景とは異なり、少し近づいた夜景もきれいだなと思って撮っていました。

彼が後ろから抱きしめてきたので、「わっ」ってなったら、彼が「続けて撮っていていいよ」って。

心臓バクバクで撮てないよと思いつつも、撮るまねをしていました。

気がつけば、下着姿になっていました。

大きな窓際にいるので、わたしは急に恥ずかしくなり、カメラを下ろすと、彼はキスをしてきました。


わたしは彼の思うがまま

久しぶりのキスでぼーっとしていたら、下着も脱がされて窓際ですべて脱がされてしまいました。

そして。彼はカメラをもって、全裸のわたしと夜景との写真をたくさんとりました。

わたしは恥ずかしかったのですが、普段ちやほやされないわたしが、こんなにされると、やっぱりお返しというが、彼のいうとおりにして、彼にも喜んでもらいたいと思っていました。

そして、、、彼はとても上手で、その日、わたしは、人生で一番めちゃめちゃにされました。

一番いい写真は、わたしの全裸と夜景のツーショットですので、それを彼にあげました。


わたしはほんとは純なのに

その後も会って、エッチする中を継続しています。

彼とのエッチはとてもよいので、私は付き合いたいのですが、どうやら都合のよい女のポジションのようです。

まぁお金持ちなので、しばらくはこのままでよいかなと思っていますが、本当はとても好きです。

そこが最近のつらいところであるのと、結局彼氏できていないという話でした。


(※この話はフィクションです。)

関連記事
Category: 出会い系のエッチなエッチな体験談
Published on: Sun,  07 2016 00:13
  • Comment: 0
  • Trackback: closed


Designed by Akira.

Copyright © セフレの作り方 出会い講座「MGD」 All Rights Reserved.