【体験】友達の紹介で広がるパパ活の輪 これは驚き!女子大生のサークル活動

友人同士の紹介でパパ活が増幅する。女子大生たちの「パパ活の輪」


パパ活セフレ02
大学生 21歳

大学のテニスサークル友達にパパ活という単語を聞きました


一番最初に「パパ活」という言葉を聞いたのは、大学の同じテニスサークル友達の女の子からでした

その子は、美人でスタイルも良く、女の子からももちろん男の子からも人気のある子でした。

そのときは、「さすがに美人だといろいろと刺激的なことがあるんだなぁ。だけど私とはちょっとすむ世界が違うのかな」と思っていました。

それから、半年くらいたったと思います。

かわいい洋服やバックをいつも身に着けてとてもお洒落で、すごく仲良くしてもらっているサークルの先輩がいて、いつものように飲んでいました。

そのときはとても話が盛り上がって、そのまま先輩の家に泊めてもらっときのことです。

その先輩も実はパパがいました!!


だって、先輩の家には、ブランド物のバックや靴などがたくさんあったので、酔った勢いで先輩を問い詰めて、発覚しました。

いろいろ聞くと先輩は、月4回の食事をするパパと、月2回食事をするパパがいるそうです。(なんと2人も!!)

高級な食事に連れて行ってもらい、貴重な経験をできたり、パパの話が面白くためになるので、同年代で彼氏を作るより、メリットがたくさんあるとのことです。

(もちろん体の相性も抜群に良いらしいです)

っと一通りいろいろと問い詰めました。

そんなに興味あるなら紹介しようか?


あまりにわたしが問い詰めるので、先輩から

「そんなに興味あるなら紹介しようか?」

といわれました。どうやら私がすごく興味を持っているように伝わったらしいです。

はい。確かに非常に興味深々ですよー


大好きな先輩もやっていると知ったので抵抗感はまったくありませんでしたし、

彼氏と別れて2ヶ月たっていて刺激を求めていたのか、欲求不満だったのかもしれませんし、

さらに、大学生の間の期間限定で、素敵な大人の世界を味わっておこう

っといつも以上に前向きな私がいました。

もちろん先輩に紹介をお願いしました。


数日後に、"先輩" と "先輩のパパ" と "その友達のわたしのパパ候補の方" とわたしで、食事に行きました。

42歳ですが見た目は若く素敵な男性でした。

食事が終わると、先輩とパパはそのまま予約していたホテルの部屋で消えていきました。

私は、悶々としていましたが、

パパ候補の方は、「本当に自分でよいかは、明日1日良く考えてから結論を出してほしい」


その紳士的な対応に感動しつつ、その日は家に帰りました。

そして、次の日に「お願いします!」と連絡して私にもパパができました。

今でもパパとはまったりと続いています


最初は、「たくさんよい体験・大人の体験がしたい」っていう気持ちがいっぱいでした。

生意気ですいませんが、高級な食事よりはリラックスできる程度の食事が自分にあっていることが分かり、

高級な食事は何か特別なときにだけいくことになっています


その方が特別感があってよいですしね。

それよりも実は大人のエッチにどっぷり嵌っていて、最近はそちらがメインになっています。

また、私を誘った先輩は、私以外の友達(私が知っているだけで)2人への紹介していました。

(※この話はフィクションです)

関連記事
Category: 出会い系のエッチなエッチな体験談
Published on: Fri,  10 2017 22:48
  • Comment: closed
  • Trackback: closed


Designed by Akira.

Copyright © セフレの作り方 出会い講座「MGD」 All Rights Reserved.