【衝撃】女性の40%にセフレがいたことがある!ではその傾向と対策は?

セフレがいたことがある女性はどれくらいいるのか?


sehure1007.jpg

以外にも多くの女性にセフレがいることが判明した模様です。男性としては喜ばしいことだが、どうしてセフレになったのでしょうか?


多くの男性の憧れ「セフレ」


18歳から35歳の女性にアンケート調査した結果がWebに公開されています。

その内容です

Q.セフレがいたことがありますか?
A.
 ある……40%
 ない……60%

なななんと「ある」と答えた女性は、40%という結果になりました。

「意外と多い!」

こんなにいるとわかれば、男性諸君は勇気がわいてきたでしょうか?

「えーどうせ相手の男性はイケメンかお金持ちでしょう」

確かに、そんな気もします。では、セフレがいたことがある女性たちに、どういった経緯でセフレ関係になったので、もう少し詳しく聞いてみました。


■きっかけ1■ 女性が男性のことを好きだった


「付き合う付き合わないの境目でエッチをしてしてしまい。結局付き合わずに、いつの間にか一般的にセフレといわれる関係になっていた。」

「わたしが好きでアピールしていたが、相手の都合のいい女に成り下がっていて、一回エッチしたら、ズルズルと付き合わないがエッチする関係になっていた。」

「学生時代に好きだった人とSNSを通じて再会した。流されてエッチして、その後の流れで付き合うことなく、エッチは続けていた。」

女性の方が好意を持っていることから付き合わずに流れでエッチをして、、、、、
という意見が多かった。

これは、確かにイケメンかモテる男性のみができる方法ですね。


「ほらやっぱり!少数のイケメンが40%の女性をものにしているのでは?!?」

確かに■きっかけ1■はイケメン系セフレですが、
まだまだあきらめるのは早いですよ。
セフレになる理由には、タナボタ系セフレに分類されるものの方が多いのです。


■きっかけ2■ 酔っ払った勢いで


「酔っ払っちゃっうと気分がハイになり、勢いでエッチしちゃいました。酔っ払っているからかいつもよりすごく気持ちよくなって、その後もエッチする関係になりました。」

「飲み会で酔っ払って、顔はタイプではなかったですが「まぁいいか」となってしまって、そのままその日にホテルでいきました。想定外にとてもエッチが上手で、忘れられず次回を私から誘ってしまいました。」

酔った勢いでの失敗談は、よく聞きますね。酔っ払らってつときは正常な判断ができませんので、イケメンやお金持ちだけに限らず全員にチャンスがあります。
必要なのは男性の勇気だけですね。

そのときのエッチが良かったか/悪かったかで、次回以降の継続かどうかに影響してくるみたいですね。

しかも飲み会なので「お持ち帰り」OKな人は、断るのが苦手、もしくは八方美人なので、一度関係をもってしまうと、そのままセフレになる確率も高そうですね。


■きっかけ3■ ちょうど都合がよかった


「もともと知り合いだった人と話していて、お互い付き合ってる人がいたけどけど、好きなときにしたいと考えたときにちょうどよい相手であったので、エッチしちゃいました。」

「仕事で落ち込んでなんかパーッと無茶したかったときに、たまたまSNSでメッセージがきたので、話しているうちに流れでエッチしようってなってエッチしてしまった。お互い相手がいたので、そのままセフレになった。」

完全にタナボタ系です。
彼氏がいたとしても満たされないときには、「都合の良い相手」を求めてしまうようです。
このようなチャンスがを得るためには、日ごろからマメに連絡をとるようにしてみましょう。


■なんでセフレになったのか■


「エッチの相性がすごくいい」

容姿、性格よりも「エッチの相性」が重要視されるようです。

酔った勢いによる1回のエッチはあったとして、その後も定期的にセフレとしてエッチするかどうかは、
エッチの相性があっているかどうかが重視されているようです。


関連記事

40歳サラリーマンMGD

セフレの作り方 カテゴリ

セフレ出会い系ランキング

全記事表示リンク